だまらない作法

10
8

あの国営放送局がゴールデンタイムに「おばけなんてないさ」をフルコーラスで流した。取り扱い区分Aとされていた要注意童歌だ。放送後には苦情が殺到。電話は夜通し鳴り止まない。翌朝に看板アナウンサーが謝罪をする異例の対応となった。
「皆さまから批判があることは十分承知しています。これまでの放送を反省し全般的に見直していきます」
煮え切らない発言に誰もが不信感を募らせる。
「我が国は二〇〇〇年にわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている」
同局で国政を賛美する論客が声を上げた。
「誤解が生じているなら、おわびの上、訂正したい」
翌日の発言はなんだったのか。
我々が知りたいのは、おばけなんてないというのが局の見解なのかという一点だ。ニンゲンども出方によってはこっちにも考えがある。苦情は止めない。電話でも、メールでもなく、直接枕元に現れて説教してやろうか。
おばけはいつまでも黙っちゃいないぜ。
ホラー
公開:20/02/26 22:16
更新:20/02/27 07:50

puzzzle( YOKOHAMA )

ロックンロールと作文が好きです。
https://twitter.com/9en_T

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容