そしてあたたかく

10
11

ずっと憧れていたマンホールには先客がふたりいた。
とても深く、とても暗く、とても狭い筒に私が入ったことで身動きが取れなくなった。
底だと思ったそこはまだ底ではなくずるずると落ちながら底はまだ見えない。
誰かが蓋を閉めた。
私はめくれるスカートを直して密着具合を調整しながら、まずはふたりに挨拶をした。
「川口から来ました」
顔の見えないふたりが「おぉ」と声を漏らす。マンホールの蓋と言えば鋳物のまち川口だ。
「私は大阪から」
ダンディな声。肩にカナリア。プロのマンホーラーかもしれない。
「ぼくは舞鶴」
こっちは男の子だ。幼い頃からこんな上質なマンホールに触れているなんてすごい。
ずるずると上着が擦り切れて、肌がスースーしてくる。
もう帰れないと思った。
「せめて結婚しませんか」
ダンディな声が言う。
確かに一度くらい。私は悩んだ。
「おしっこ」
男の子が叫ぶ。
残された時間はわずかだ。

あ。
公開:20/02/27 09:57

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容