ナゾナゾに挑戦する和子おばさん

18
11

 和子おばさんは涙もろい。だからテレビドラマは絶対に見ないし、読書もしない。平穏な毎日が一番なのだ。
 でも、それってちょっと退屈なんじゃない? と私は思う。だから和子おばさんが平和に楽しめるもの、何かないかな…。

「ねえ、おばさん。ゾウが中に入っている家電製品ってなーんだ」
「そんなモノあるのかい?」
「ナゾナゾだよ。正解はね、冷ゾウ庫! フフ」
 和子おばさんは、途方に暮れたように虚空を見つめた。
「…地球温暖化のせいだよ。みんな、人間の都合なんだ」
「おばさん、ナゾナゾだってば!」
「象吉が何をしたっていうのさ。勝手に街に連れてこられて、サーカスで人間の見世物にされて…」
「…おばさん?」
「あら、私ったらまた。ごめんなさい…」
 おばさんはハンカチで涙を上品に拭い、窓の外に目を細めた。やがて奥歯をかみしめる。
「思い出すねえ! サバンナのあの燃え立つような夕日が、懐かしいねえ!」
公開:20/02/23 20:15
和子おばさん ナゾナゾ

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容