奇妙な寿司屋

8
6

仕事終わりで駅から自宅への帰り道、「こんなところにこんな店あったかなあ?」と思える場所にそこはあった。

「へい、らっしゃい。」

そこは妙に湿気の多い店だった。うつむき加減の肌の色が悪い亭主がひとりだけ。カウンターのみの寿司屋である。ふだんなら回るところ以外入らないのだが、なぜか気になって入ってしまった。

ざっとメニューを見渡す。フナ、コイ、ハゼ、マス、ヤマメ、アユ、サケ、ナマズ、ウナギ、etc.
えっと、巻物は……カッパ巻のみ?
つまみも……もろきゅうのみ?

「亭主、ここはマグロはないのかい?」

「へい、うちは川魚専門なんで。そのぶん毎日手前で仕入れてますから新鮮でございます。」

そう言ってニヤリと笑った亭主の顔にはくちばしがあった。

さて、どうしたものか。
ホラー
公開:20/02/21 20:00
308 かっぱ寿司(笑) オオカミの自信作

武蔵の国のオオカミ( ツイッター、ここ、note、エブリスタ )

武蔵の国の辺境に棲息する“ひとでなし”のオオカミです。
古い作品でもどんどんコメントをください。批判的内容、誤字の指摘、間違いの訂正など、忌憚ないご意見をお待ちしてます(罵倒、罵詈雑言は勘弁な!)。
特定の作品に関してではなくても何かありましたら下記、
【掲示板がわり】
https://short-short.garden/S-uCTeiD
までどうぞ。

ツイッター
https://mobile.twitter.com/ookami1910
DM代わり
https://marshmallow-qa.com/ookami1910
「作品一覧」で「オオカミの自信作」で検索した結果にコメントあると絶頂します(笑)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容