旧街道

24
22

冬の夜、日本海側から太平洋側へ車で抜けようとカーナビで最短ルートを検索したら、高速道路は渋滞が予想され、峠越えの旧街道を通るコースが推奨された。不安はあったが、帰路を急いでいた俺は旧街道を走ることにした。
徐々に山道が険しくなり、他に走る車もなくなり、道中も真っ暗になったので、車のライトとカーナビを頼りに運転した。
峠の中腹にさしかかったとき、突然カーナビの画面が真っ黒になった。復旧させようとしたが直らない。ハンドルに脂汗をかきながら運転を続けた。
峠付近を通行していると、赤い雪洞が見えてきた。民家があるのかと安堵したのも束の間、お通夜だった。妙に古い時代の雰囲気で人影はない。怖くなった俺はアクセルを踏み込んだ。すると『急カーブ多し! 死亡事故多発』の看板を目の当たりにして我に返りスピードを落とした。
峠を過ぎ去るとカーナビの画面は復旧したが、それまで走ってきた道のりは真っ黒のままだった。
ホラー
公開:20/02/15 01:03
日本海 太平洋 カーナビ 高速道路 渋滞 旧街道 山道 雪洞

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育つ。同志社大学経済学部卒業、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年6月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。
2022年3月26日に日本近代文学館で行われた『ショートショート朗読ライブ』にて自作「寝溜め袋」「仕掛け絵本」「大輪の虹列車」が採用される。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容