昔の大塚駅前広場

10
15

昭和40年代前後の国鉄大塚駅前広場には色々思い出がある。
学生寮の在った大塚窪町(茗荷谷)から都電で大塚駅に出て、都営荒川線に乗換えるため良く大塚駅前広場あたりを彷徨いた。

広場では連日バナナや陶器類、衣料等のたたき売りの露天商が軒を並べていた。
まさしく寅さんの縁日の様な情景で、その口上を聞くだけでも面白く元気付いた。

また隣には映画館があり、3本立てで140円位だったと記憶する。
月に1度の奨学金の支給日には、ここでの映画鑑賞が至極の楽しみだった。
1本上映が終わる毎に舟木一夫のレコードがかかり、おばちゃんがアイスクリームを売りに来る。これも最高の味だった。

卒業後は転勤等もあり大塚駅へ行くこともなく、何十年後に訪ねてみたがその様変わりに驚くばかりであった。
思い出の一かけらも無く、唯一救われたのは荒川線の都電が生き延びていた事だ。
青春
公開:20/02/09 18:34
更新:20/04/08 12:10

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容