カーナビ

12
14

最近安眠が出来ないので、ネットで專門店を調べカーナビにセットし枕を買いに行く事にした。
いつもルート線は、青色で示されるが何故か今日は赤色で出た。でも道は案内通りに正常に在り、走り続けると大通りからは随分はずれ一台がギリギリ通れる位の道幅しか無く、崖を落ちぬよう運転をした。
TVで見た「ポツンと一軒家」の様だと不安になった。
本当に専門店が在るのかと不審に思った時、朽ち果てたような大きな木造二階建が出現した。
大きな看板は腐って斜めに半分落ちかけ、店のガラス障子は割れ店内は見えていたが人影は一切無かった。
咄嗟に今エンジンを止めれば車は動かなくなる気がし、そのままバックも出来ずに前に進んだ。赤い線は目的地に到着のアナウンスと共に消えていた。
目的地を自宅に設定し直すと今度はいつもの青い線が点き、山道を走る続けると雲海のような景色になり霧の中を通過すると突然見慣れたバス通りに戻った。
ミステリー・推理
公開:20/02/08 18:48

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容