さよなら

6
5

 誰もいなくなった駅の床を掃除していると、かわいた、あるいは湿った、大きな、あるいは小さな、色も、形も様々な「さよなら」が散らばっていることに気づく。たいていの「さよなら」は他のゴミと混ぜられ、そのまま捨てられる運命だが、ときどきやけに目に焼き付いて忘れられない「さよなら」が落ちていることがあって、そんな日は床に就いてから悲しい夢を見るのが常で、死んだおばあちゃんのことなんか思い出したりする。そう、「さよなら」ばかりなんだ、駅って場所は。
その他
公開:20/01/30 18:46

六井象

note( https://note.com/tomokotomariko )その他でも短い読み物を書いています。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容