アライグマ家族

24
29

何でも洗い流すというアライグマの家族が水辺近くの森林に住んでいました。
ある日、旅人の男が森林の中に迷い込みました。突然にわか雨が降ってきたので、近くにあった木の洞で雨宿りをすることにしました。
「誰かいるのかい?」
アライグマの親子が出てきました。
この木の洞にアライグマの家族が住んでいたのです。
不思議なことに人間と会話することができるアライグマでした。
しゃべるアライグマに男が驚いていると、アライグマのお母さんが「何か洗い物はないの?」と尋ねてきました。
男は、いろいろ人生に悩みごとがあって旅に出たことを話し、心の洗濯をしているとアライグマのお父さんに告げました。
アライグマのお父さんは、悩みごとも含めてあなたの人生だから、私がそれを洗い流すことは良くないと返答しました。
すると雨が止み、青空が顔を出し始めました。
男は、すっきりした気持ちで木の洞を後にし、旅を続けたということです。
ファンタジー
公開:20/04/05 15:46
アライグマ 家族 水辺 森林 旅人 にわか雨 木の洞 雨宿り 親子

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容