お帰りスイッチ

24
15

「ただいま」
会社から帰った俺が自宅のドアを開けても、誰も迎えてはくれない。喜んで玄関まで出てきてくれるのは柴犬のタロだけだ。

一人暮らし?
とんでもない。妻も娘もいるさ。
でももう何年も前からこうなんだ。
俺がリビングに入ってきても、妻はテレビ、娘はスマホから目を離さない。もちろん無言。どうやら『お帰りスイッチ』を切っているらしい。
俺は冷めた夕食をレンジで温めて食べる。

…いや待てよ。ならスイッチを入れればいいじゃないか。
俺はその晩、すっかり寝入った妻と娘のうなじにある『お帰りスイッチ』をこっそりONにした。幸い二人とも目を覚さなかった。

翌日、俺は定時を過ぎるや会社を飛び出した。奮発して駅前でケーキなんか買ってみたりして。ああ、久しぶりに家族の団欒が楽しめるぞ。
自宅に着いた俺は、期待に打ち震えてドアを開けた。
玄関には並んでお座りをして、メシと散歩をねだる二人と一匹がいた。
その他
公開:20/04/01 14:05
更新:20/04/01 16:36
SWITCHインタビュー 達人達 スイッチ ほんとは「ありがとう」で スイッチONになるのにね #50

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容