僕の父さんの話

2
3

 父さんは龍だった。
 自分の社を持っていて、人間たちはよくお参りに来た。大雨が降ったり、日照りが続いたときには特に熱心に、野菜や酒や、色々なものを持って来た。そして父さんは、たちどころに厄災を払った。
 そんな父さんも、僕が大人になる前に自分の社を畳むことになった。時代の流れだった。
 龍を辞めるときも、父さんはいつも通り、笑っていた。
「お前は龍にはなるなよ、今の時代じゃ流行らないから」
 と茶化したように言った。あはは、と僕も笑った。
 
 僕が大人になったとき、母さんは、父さんが祝い酒を飲み過ぎてすっかり寝てしまったあと、ぽつりと言った。
「父さんはね、龍になって、自分の社を持つのが夢だったのよ。向いてないくせに、どうしてもなりたいって、厳しい修行をして、やっと龍になったの」
 知らなかった。
 龍を辞めるときの、父さんの笑顔が思い出された。
ファンタジー
公開:20/04/01 08:00
更新:20/04/01 08:20

リウノコ( 温かくて浅い海 )

SFとミステリーが好きです
ちょこちょこ、気軽に書いていきます


『カクヨム』にも作品があるので、よかったら読んでくださいませ
https://kakuyomu.jp/users/riunoko
Twitter
https://twitter.com/riunoko7
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容