花鳥風月 其の参〜風

20
14

鳥だったらスズメかあ…。
帰り道で里奈はため息をついた。私が子供っぽいから?昔付き合ってた彼にもそれが理由でフラれたし。
…ふと素敵な香りがする。今すれ違った女の人?いいな、ああいうの羨ましい。

「ねえ、彼女さんって香水つけてる?」
昼休みにベンチで桜を眺めていた沖田は、里奈の問いにきょとんとした。
「香水?うん、たまにね。つけなくても充分可愛いけど。なに、急に」
毎度の惚気全開に苦笑しつつ昨夜の話をする。
「…別に関係ないよ。てか、ガキっぽいってのがほんとなら、その男が里奈さんの魅力を引き出せなかったってことでしょ。それにスズメって結構可愛いし」
惚気が日常である彼の辞書には『照れ』という単語がないらしい。

その時二人の間をふわりとひとすじの風が吹き抜けた。刹那、里奈の髪から甘く艶のある香りが仄かに漂う。
…全然ガキっぽくないし。
微かに沖田が笑ったことに、里奈は全く気づかなかった。
青春
公開:20/03/29 13:37
更新:20/03/29 15:42
勝手に花鳥風月シリーズ開催 #3 風 #2 鳥の続きなので 併せてお読み頂けると 嬉しいです

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容