チョコレートクライシス

28
27

シベリアの永久凍土が気候変動による温暖化で急速に解けだした。
永久凍土の地下深くには茶色の地層があるのだが、実はチョコレートで出来ていた。
ロシア科学アカデミーの研究者が極秘裏に調査したところ、氷河期の地層ということが判明したものの、チョコレートである理由は皆目わからない。
凍って固かったチョコレートの地層も解けだして液体に変わり、茶色い地下水となって地上の泉に湧き出てきた。そして川に流れ、北極海に注いだ。その結果、チョコレートによって海水も北極の氷も白クマもアザラシも茶色く染まった。
さらに北極海から蒸発した水によってチョコレートの雨が降り、その雨が地中に吸収されて再び川に流れ、北極海に注ぐ循環が出来上がった。
ロシア政府は、巨大なチョコレートファウンテンを何本も建てて雨の消費に努めたが、チョコレートの食べ過ぎで虫歯や激太りする人たちが急増し、気候変動には抗えない危機的状況が続いている。
その他
公開:20/03/29 06:40
スクー 茶色いうみ シベリア 永久凍土 気候変動 温暖化 地層 チョコレート ロシア科学アカデミー 北極海

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容