piercing

2
5

じわじわ、痛む、耳の軟骨。

痛くないの?もう開けるのやめたら?
何度言われたかもうわからないな。痛いのが好きなの?はさすがに笑った。そっか、側から見たら自傷みたいなものなんだな。

1個目は左耳の耳たぶだった。汗が止まらなくて手が震えてピアッサーの音が怖かった。でも開けた後の耳がかっこよくて、強い自分になったみたいでわくわくした。もっと増やしたい、とはっきり思った。

どんな時に開けるのかは決まっていた。寂しくてどうしようもない時に痛みで気を紛らわすため、何か新しいことを始める時に決意を込めて忘れないためのどちらかだった。

一個開けてからは耳、舌、口、眉、へそ、と次々にピアスが増えていった。自分がかっこよく思えて、人の視線を気にせず前を向いて歩けるようになった。もっと私を見て欲しいと思えた。

新しく開けたピアスホールの周りの血を拭く。痛いけど、大丈夫、きっと開ける前より強くなれてる。
その他
公開:20/03/29 22:44

病的で異端な世界観が好きです。
幸せになれない子しか書けません。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容