ホールインワン

18
26

ゴルフ接待だ、朝から少し憂鬱だった。
ゴルフは元々上手くなく、上司は君と一緒に行けば客も喜んでくれるし、それなりに頑張ってくれればそれで良いと言う。
オナーになる実力も無いし、余り下手すぎて何打も叩けば進行の妨げにもなり逆に客を怒らせ兼ねない。
客には「ナイスショット」の掛け声をかけ、OBギリギリの打球はいち早く探し出し「ここにありますよ」と声をかける。茶店に入れば何が好みか知っておき、素早くオーダーする。キャディーさんにも客を先ずフォローするようお願いする。
もうこんなゴルフは嫌だ、何にも楽しくないと思いつつ、私はショートホールの第一打を叩くと何とホールインワンしてしまった。
まずい事になったと思いつつ、祝福の言葉を背にグリーンに行きカップに手を入れ取り出そうとした瞬間、身体が穴に吸い込まれてしまった。
カップインした時に、まずい穴があったら入りたいと思ったのが、真逆現実に起きるとは!
ミステリー・推理
公開:20/03/24 20:36

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容