再会した犬

16
21

散歩から帰ると犬が門の前で、まるで我が家の飼い犬の様に尻尾を振り迎えた。お前は何処の犬かと声を掛けたが、吠えもせず尻尾を千切れんばかりに振っている。
首輪も紐も無く、そうかと言って野良犬の様に汚れていない。
誰かが遊びにでも来て、その連れ犬かなとも思い家に入った。
妻に聞いても知らないと言い、いつの間に来たのだろうかと不思議がった。

いつまでも居るので何か食べさせてみようと、ご飯に炒めた肉と肉汁をかけてお皿に出してみた。
ムチャクチャと美味しそうに唸り声をあげながらペロリと全部食べた。
其の食べ方を見ていてハット思い出した。私が小さな時に家で飼ってた子犬ではないか!
当時とは違い随分大きくなっているが間違いない。いなくなって70年以上も経ており、どうして今おまえがここにと嬉しくて抱きつくとクーンと喜んだ。
その瞬間妻があなた外で何してるのと?
気がつけば空っぽの皿だけが目の前に残った。
ファンタジー
公開:20/03/23 15:30
更新:20/04/08 14:25

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容