肝試し翌日の会話

4
5

「お、おはよう」
「ああ、おはよう」
「なあ、大丈夫だったのかよ」
「何が?」
「昨日の肝試しだよ! お前、途中でいなくなっちゃったじゃないか!」
「別に。普通に帰っただけ」
「ふざけんなよ! 勝手に帰んなよ!」
「怖かった?」
「・・・そういうわけじゃない。お前が『声が聞こえるー』だの『連れて行かれるー』だの叫んで走り出すから」
「僕、そんなこと言ってた?」
「いや、言ってただろ」
「覚えてない」
「・・・なあ、お前本当に大丈夫か?」
「大丈夫。しつこい」
「だってお前、自分のこと『僕』なんて言ってなかったじゃん」
「ーーそうだっけ」
「お前、俺の名字言ってみろ」
「どうして」
「いいから!」
「月見里、くん」
「俺の制服の名札見ただろ」
「見てない。合ってるでしょ」
「違う。俺はツキミザトじゃない。ヤマナシって読む。クラスの全員が知ってることだぞ」
「・・・・」
「お前、誰だ」
青春
公開:20/03/22 17:42

リウノコ( 温かくて浅い海 )

SFとミステリーが好きです
ちょこちょこ、気軽に書いていきます


『カクヨム』にも作品があるので、よかったら読んでくださいませ
https://kakuyomu.jp/users/riunoko
Twitter
https://twitter.com/riunoko7
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容