昔のアルバイト調査員

16
20

S40年頃大手広告代理店の市場調査員の募集があり、格好良さそうと思い応募した。実際は担当区毎に事前リストアップされた精肉店を一店づつ訪問し、アンケートを取る仕事だった。
豪州政府関係筋が羊肉販売促進で、市場調査を依頼したのだ。
客足の少ない時間帯でないと、忙しいと断られてしまう事も分かった。
話が聞けても羊肉は臭みが強いからダメだよ、前に売ったが人気なく止めたよとか。
兎に角羊肉に関する情報をヒヤリングしなければならない。
聴取後は、お礼と称してタオル一本を渡す。(今にして思えば何とちゃちい)
バイト仲間にもう面倒だからとリストの残りの店は行った事にし、内容を適当に書きバイト料を請求した奴がいた。(訪問店数につき何十円という約束だった。)
内容が画一的で可怪しいと思われ、会社が肉屋に電話を入れアンケートに行ったかをチェックした為、嘘がバレ給金は無しどころか警察に言うぞとまで言われていた。
青春
公開:20/03/18 19:05
更新:20/04/08 08:21

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容