JACKPOT!当選おめでとうございます!

24
11

 私は都内のゲームセンターで、メダルゲームを楽しんでいたのだが、どうも先程からスロットの様子がおかしい。やたらと赤いランプは点滅しているし、サイレンのような音も鳴り響いている。異常を察知した他の客達も物珍しがって集まってきた。
「ん?」
 なんだこれ、7が7つも並んでいるぞ…?

『7777777』

 突如ゲームセンターの天井が秘密基地のように、左右にスライドした。現れた上空は激しい嵐で、横殴りの雨が店内に吹き込み、何もかも瞬時にずぶ濡れになった。
 やがて四天の隅から天使のラッパの音が鳴り響き、黒雲の厚い割れ目から神の祝福の如き一条の光がこちらに差した。スポットライトのように私とスロット台が照らされる。
「SUPER JACKPOT !」
 空から荘厳な声がした。
「なんじゃこりゃあ!」
 街がメダルに埋もれる程の無尽蔵のメダルが空から雹のように降ってきた。
「うわぁ、なんかごめん…」
その他
公開:20/03/06 14:25
メダルゲーム JACKPOT

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容