そんなにスマホが見たいなら

18
12

「邪魔だ、このクソババア!」
駅構内に男の罵声が響いた。周りの客が一斉に振り返る。男は足元に倒れた老婆に構わず、さっさと歩き去った。
「おばあさん、大丈夫!?」
女子高生が助け起こし、転がっていた古い木の杖を老婆に渡した。
「あいつ自分がスマホ見ててぶつかったくせに!怪我はない?」
老婆は嬉しそうに微笑んだ。
「ありがとうねえ。助かったよ。優しいねえ。ありがとうねえ」
女子高生は微笑み返すと小走りに去っていった。

振り返ると、男がスマホを見たまま階段を降りていくのが見えた。老婆は目を閉じて何事か呟き、三度杖を突いた。

階段を降りる男の速度が増した。周囲が振り返るなか、飛ぶようにホームへ降りて、そのまま突進する。凍りついたようにスマホから目を離さず、男は線路へ向かって更に足を早めた。
電車がホームに滑り込んでくる。
鋭い悲鳴が上がった。

男の足が宙に浮く。
目はスマホに釘付けのまま…。
ホラー
公開:19/12/12 22:44
更新:19/12/15 12:39
性懲りもなく ホラーに再挑戦

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容