追憶の公園

12
8

 先月の公園は秋色に輝いていたのを私は追憶する。
 とかく太陽光を透かして見たときの葉は、一枚一枚が自ら発光しているかのような鮮やかさであった。おびただしい数の朱葉の天蓋は、春花の美しさに負けぬほどの雅さで、私たちの視界を覆っていた。
 香澄の泉の湧くような美しくやわらかい声、清潔なぬくもり、彼女の面影もそこにあった。
 命の摂理のなんと残酷なことだろうか。
 今、目の前をはらはらと枯れ葉が舞い落ちていく。すっかり茶色く萎れた枯れ葉。乾いたそれらを食む音に耐えられず、私は足元を踏み迷いながら同じ場所を歩いている。
 香澄は病と闘いながら最後の最後まで笑っていたな。
 失われていく生命力をあれほどに輝かせていた。信じられないほどに。
 墓参りをするはずだったのに、なぜ私はここをさ迷っているのか。
恋愛
公開:19/12/11 18:00
公園 紅葉

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第四回課題作品を執筆中。(進捗率30%)



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容