14
9

「…厄年が何だってんだ。厄祓いなんざ嘘くせえ」
手酌の男がからむ。向かいに座る神はふわりと笑った。
『何かと疲れる年頃じゃ。人は疲れると負の気が満ちる。すれば負の現象を引き寄せる。要は一度心身を休め、周りを見渡した後に再び進めという節目じゃ。言わば人生道路のSAじゃな』
「…妙に具体的な神さんだな。難しいこたあいいや。おう、ひとつどうだい」
『ほ、灘の生一本。では有難く…』

男が目を覚ました。時計を見るといつもより随分早い時刻だった。
「けっ、妙な夢のせいで…」
だが何となくその夢が気になり、男は普段より少し早いバスに乗って近くの神社へ寄ってみた。早朝の神社は清々しく、信仰心など欠片もない男でも何やら気分が良かった。
手を合わせる男の後ろで神様が微笑む。
『昨晩は馳走になったのう…』

——いつもの時刻。バス停に居眠り運転の車が突っ込んだ。毎朝男が立つ場所は…見事にぐしゃぐしゃだった。
その他
公開:19/12/08 12:42
更新:19/12/11 11:04
節目 早起きは三文の徳

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容