ふしめ雪

17
12

大晦日に降る雪は「ふしめ雪」だよ。年が変わろうとしている節目だからそう呼ばれている。
新潟県の越後地方では、ふしめ雪を降らせているのは雪童子だという伝承もあるんだ。雪童子は、女の子の姿をした雪の精霊で、雪ん子とも呼ばれていて、越後の風土とともに生きているんだ。
季節はずれの雪を「なごり雪」と歌ったフォークソングがあるけれど、実は、あれもふしめ雪の一種なんだよ。
特に春に降る雪はふしめ雪で、進学や就職など人生の岐路に立った人たちにエールを送っているんだ。
ただ、最近は困った問題もあってね。気候変動によって、ふしめ雪と異常気象の区別がつきにくくなってきたんだよ。
いま降っている雪もどっちだろうか。
その他
公開:19/12/04 18:32
節目 大晦日 雪童子 雪ん子 「なごり雪」 フォークソング 気候変動 異常気象 COP25

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容