弾ける二階

10
6

12月25日。
お祝いムードの街に雪が降り始め、今年はホワイトクリスマスだと人々は笑顔を見せていた。
ところが正午を過ぎたあたりから、雪は豪雪に変わり、もはや自然災害と言ってもいいレベルに達した。
「おい、稼ぎ時だぞ」
人々が悲しみ落胆すると、その一方で嬉々と活動を始める輩がいる。
リーダーの遠藤はいつもの仲間を呼び集め、仕事にかかった。
彼らは中止になったイベント会場にトラックで駆けつけると主催者代表を呼びつけた。
この手の交渉は遠藤の得意分野だ。
内密な取引を無事に済ませると、次々と商品を荷台に積み込む。
「アニキ、これ何です?」
「後で教えてやる」
ニンマリと悪い笑みを浮かべて、遠藤はブツを自宅の二階へと仲間に運ばせた。
仕事成功を祝って一人が爆竹を鳴らした。
すると遠藤宅の二階が大爆発し、弾けとんだ。
「おい、馬鹿野郎!」
「廃棄予定の花火を横流し? アニキ、先に言って下さいよ!」
ミステリー・推理
公開:19/12/03 19:17
更新:19/12/03 22:47
犯罪 クリスマス ホワイトクリスマス

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容