ネオバレエ

6
4

 レオタード姿で鏡の中の己の姿を見る。先生は私の横に立つ。
「背は垂直に足を開いてつま先立ち」
「はい」
「つま先立ち」
「はいっ」
「もっと」
 先生はすぐに空中に浮く。私も天井まで飛んで踊ってみたい。しかしできない。先生は浮いたまま私を見下ろす。
「一センチでも浮いたら踊れるのに」
 私の心は沈んだ。水泳教室でも浮くことができず、やめさせられた。バレエ教室でもやめることになるのか。鏡越しに飛びながら踊る友達を恨めし気に見る。何をやってもダメな私は涙をぽたぽたと落とした。涙がレオタードを濡らし足を濡らし床をも濡らす。涙で床に埋もれて溺れそうになった。皆が驚いて集まってくる。涙の海で足掻く。気が付けば私は泳げていた。先生が励ます。
「その勢いで飛んで足を挙げて」
 床の水面から飛べた。次に床に潜りまた飛んで踊る。空間を自在に操る。先生が吠えた。
「史上初の鬼才出現ッ」
 喝采が私を包んだ。
ファンタジー
公開:19/12/03 17:17
クラシックバレエ バレエ

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容