ねこねこねここ

16
13

入社3年目の女子、猫耳で出社した。
―ふざけてんのか、ここは職場だぞ。
主任が背を向けるや、ぺろりと口の周りを舐めた。
次の日、隣の男が壁のコルクボードで爪を研ぎ出した。翌日、その隣の女子が隅の段ボール箱にすっぽり収まって、そこで作業を始めた。
―落ち着くにゃー。
昼休みにはソファが混む。1人また1人ソファで丸まる。ヒーターの設定温度が上げられ、何気に集まって来てはなごなご、すりすりし合う。肉球でマウスを操作するのもたるいので、音声入力に切り替えた。猫もマウスもモフモフを被り、モフモフを巻き、モフモフを掛けている。

―何、たるんでるんだ。
怒鳴る主任の後ろのモニタで動画再生が始まった。映っているのは何とこのオフィス。猫猫しい社員たちの生態がみゃあみゃあみゃあ。
―どうですか、この再生回数。私たち有名ですよ。
ぶち切れかけた主任にさっと差し出されたマタタビ。

―みゃーう
主任、崩壊。
その他
公開:19/12/01 19:00
更新:19/12/02 13:37
スク― 有名になると増える猫 投稿75作目

こぶみかん( 関西 )

ssの庭に迷い込んだこぶみかん。数々のお話の面白さに魅せられ、通い始めた。
気が付いたら、庭の片隅に挿し穂されていた。
いつか実を結ぶまでじっくり育つといいね。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容