110番するチェス

16
6

ポーンは110番通報した。
「事件ですか? 事故ですか?」
「助けて下さい! ナイトが私のことを狙っていて…」
「落ち着いて下さい。今どちらですか?」
「チェス盤の真ん中あたりです」
ポーンは自分の窮状を警察に訴えた。
パトカーが来て、敵のナイトは殺人未遂の容疑で逮捕された。

ポーンはそれから地道に前進し、ついに敵陣の一番奥に辿り着いた。
このときチェスにおける最弱の駒、ポーンは、キング以外のどの駒にも変身できる特典が与えられる。
ポーンはすかさずチェス最強の駒、クイーンになることを選んだ。
「これで戦いは終わりだ。チェックメイトおおお!」
そう叫んだとき、パトカーが来てクイーンは捕まった。
「貴様を、殺人未遂で現行犯逮捕する!」
敵のキングは青ざめた顔で電話の受話器を手に持ち、震えていた。
結局、このチェスゲームは引き分けに終わった。
その他
公開:19/11/29 15:43

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容