あなたのそばに

20
13

ー妻を殺した。

彼女が事切れたのを確認し、時計を見る。
午前2:47。
私は計画通りに遺体を淡々と処分した。

翌朝、おかしなことが起きた。
何度合わせても腕時計が狂って止まるのだ。そう、犯行時刻の2:47で。

運転中に前の車を見てぎくりとする。またナンバーが247だ。慌てて近くのコンビニに駐車する。
…嫌な偶然だ。

ついでに買い物をすると、返されたお釣りが247円。
…ふざけるな。

立ち寄った銀行で番号札を取ると247番。
…いい加減にしろ。

「確認のため、生年月日をお願いします」
「平成2年4月…」
…ああ…。

「お客様、どうなさいました?」
固まった私の元に、支店長らしき男性が近づいてきた。彼の胸元を見て蒼ざめる。
彼の名札には『仁科』とあった。

「もう許してくれ…!」

私が叫ぶと同時に、彼の顔に妻の冷たい笑顔が浮かび上がった。
私の意識はゆっくり遠のいていった。
ホラー
公開:19/11/28 12:06
更新:19/11/28 17:37
珍しくホラー 読むのも書くのも苦手 でも頑張って書いてみる

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容