ことこと煮たテニス

10
7

男は生前、テニスラケットで妻を殴り殺した。
その罪より閻魔大王から地獄に行くよう命じられた。

男は「ことこと煮たテニス」地獄へ鬼達に連れて行かれた。
東京ドームサイズの寸胴鍋には、生きた人間がそのまま煮込まれた赤いスープがたゆたっていた。
その鍋の上にはテニスコートがある。
罪人同士のテニスゲームに負けたら、お前もスープの具になると鬼は言った。

男はテニス経験者だった。
対戦相手は素人ばかりで、頑張ればなんとか勝つことができた。
鍋に落ちたくない一心で男は勝ち続けた。

ある日、ついに恐れていたことが起きた。
プロのテニスプレーヤーが対戦相手に現れたのだ。
白熱した試合となったが、男はついに敗北し、スープに落ちた。

熱くてたまらず悲鳴を上げた。
這い上がろうとすると、何者かに足をつかまれた。
見ると妻だった。
男はラケットで妻を殴ったが、もうこれ以上妻を殺すことはできなかった。
ホラー
公開:19/11/27 15:52

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容