あなたの時間へようこそ

6
7

「え〜、"ぼっち"なんて寂しいよ。それに何だかミジメだもん」
昨日同僚から言われた言葉を思い出して、私はため息をついた。とあるバーのカウンター。客は私しかいない。
「…なんて言われちゃったの。一人には一人の楽しさがあると思うんだけど」
バーテンダーはナイフをあてた手元のライムから目を離さずに言った。
「楽しみ方は人それぞれです。いらした方にご満足頂けるようおもてなしするのが店の務めです。…ただね、一人はいいもんです。孤独は自由の裏返しですから。ご覧のとおり、私もずっと一人でやっております」
柔らかなライトにきらりと光るシェイカーをぼんやりと見つめる。
「…お待たせしました、ジントニックです」
上品にカットされた氷がたてる澄んだ音。微かな泡立ちを舌先でとらえた時の至福。仄かにただようライムの香り。
一人じゃないと、きっと気づかない。
静かで濃密な時間が流れていく。
夜はまだ、始まったばかり。
その他
公開:19/11/15 17:24

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容