てのひらの上の恋

8
7

「ヒロシすげえ、またストライクかよ」
感嘆の声が上がる。ボウリングはヒロシの数少ない特技だ。幸運なのは、メンバーの中に憧れのサエコがいたことだった。
その日からサエコのヒロシを見る目が劇的に変わった。サエコの笑顔に力を得たヒロシは、思い切ってサエコに告白した。
だが…
「…私、好きな人がいるの。あなたと一緒にいるのはとても楽しいんだけど…。ごめんなさい…」
消え入りそうな声で俯くサエコを前に、ヒロシは言葉を失った。それでもショックを押し殺し、必死に声を絞り出す。
「ボウリングはストライクでも、恋愛はガーターか。情けないな。ごめん、忘れてくれ」
精一杯の格好をつけ、ヒロシは静かに背を向けて去っていった。
悄然としたヒロシの後ろ姿をサエコは哀しげに見つめていた。やがてその顔にゆっくりと笑みが浮かぶ。微かに上がった口の端から、小さな呟きが漏れた。
「ごめんなさいね。あなたは彼のスペアだったの…」
恋愛
公開:19/11/16 15:25

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容