31
19

老婦人は飾り棚のサボテンに、そっと語りかけた。
「もう生きていても仕方ない。おまえを置いていくのを許しておくれ」

―先ごろ老婦人は悪質な詐欺に遭い、蓄えを全て騙し取られてしまった。身寄りとてなく、もはや生きる術もない。欄間にかけた縄に首を入れ、迷わず足元の台を蹴った。小さな身体が飾り棚の脇にだらりとぶら下がる。
欄間がみしり、と軋んだ。

「婆さん、結構なアガリでしたね」
「老いぼれ婆あより、俺たちの方が金も喜ぶさ。よし早速…うあっ!」
リーダーが突如頭を抱えて倒れた。
「どうし…ぎえっ」
「ぎゃあっ」
部屋は阿鼻叫喚の巷と化し、みな次々と倒れていった。

「…何とも奇妙ですね。ある者は眼球、ある者は全身、リーダーに至っては脳にびっしり棘が刺さっています」
医者は首を傾げた。

その頃老婦人の家では、殆ど棘の抜け落ちたサボテンが血のような赤い液体を流し、飾り棚の上で静かに枯れ果てていた。
ホラー
公開:20/01/26 23:48
更新:21/08/26 11:11
勝手にホラー修行週間 目標4作品 何とか4作目 へろへろです 応援ありがとうございました

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容