ああ輪廻

33
17

私は住まいから出され、さくっと殺された。私の魂は成仏できないまま、自分の亡骸のそばに留まった。
私の体はバラされ、大きい車に乗せられ、どんどん運ばれる。途中まで仲間達といっしょだったが、いつしか離れ離れになり、終点に着いたらしい。やけに寒い所から明るい所へ出たと思ううち、私の身体はさらに小さく刻まれる。近くには草や根っこと並んで、懐かしい卵もいる。
卵といっても、大方は他人。親も大勢いるのだし。
ところが、私自身の血を分けた卵がいたのだ。たくさんの中で2つだけ。お腹を痛めて生んだ子だもの、母親にはわかる。略奪されたけど、こんな形で再会できるなんて。非業の死を遂げたとはいえ、我が子と同じ棺なら、往生できる。ナムアミダ…
そうこうするうちに、うちの子が割られて、火の上へ。そこに待機してたのはまさかの豚。
コケ―ッ!他人が、なに親子水入らずに割り込んトンねん
度を失って、私は身も魂もトリハダ。
その他
公開:20/01/24 22:00
更新:20/01/25 15:38
スクー 見失う輪廻 親子丼 他人丼

こぶみかん( 関西 )

ssの庭に迷い込んだこぶみかん。数々のお話の面白さに魅せられ、通い始めた。
気が付いたら、庭の片隅に挿し穂されていた。
いつか実を結ぶまでじっくり育つといいね。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容