ずっと、忘れない

22
13

家に帰った里江は、着替えもせずにバッグの中から一枚の名刺を取り出した。微かなため息が漏れる。

中学卒業後10年ぶりに会う友達は、里江を見ても、誰も彼女だとは判らなかった。中学の頃の里江は、小太りでニキビのひどい地味な女の子だったが、10年の歳月は彼女を美しくほっそりとした女性に変身させた。そんな里江を男どもは放っておかない。あれこれとうるさいなか、当時憧れていた彼が、別れ際に電話番号を書いた名刺をくれた。連絡待ってるから、と自信たっぷりの一言を付けて。

…亮介君、今も格好いいままね。私、昔あなたに憧れてたの。なのにあなたはみんなの前で言ってたよね。『あいつと付き合うぐらいなら、死んだ方がマシだぜ』って。何度も何度も言って、笑ってたよね。
ふふ、叶えてあげられるかしら。

里江は赤いペンを手に取ると、名刺に小さな字でびっしりと隙間なく『死ね 死ね 死ね 死ね 死ね…』と書き込んでいった。
ホラー
公開:20/01/23 19:27
更新:20/01/23 19:50
勝手にホラー修行週間 目標4作品 何とか3作め この頃の男の子って結構残酷

秋田柴子

お立ち寄り頂き、ありがとうございます。

2018年より創作を開始。
  東京新聞300文字小説が主戦場。
2019年は初めて他の文学賞に応募。
  11月よりSSGの住人
2020 年は短編小説の文学賞にも応募。

https://twitter.com/CNecozo

東京新聞300文字小説 優秀賞

ベリーショートショートマガジン
『ベリショーズvol.5』
初めて掲載して頂きました。
Kindleにて完全無料販売中です。
よろしければぜひご覧下さい!
https://www.amazon.co.jp/dp/B087N1Q3ST/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_U1LPEbFN1KNN7

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容