白ずきんちゃん

22
18

グリム童話で有名な『赤ずきん』に「白ずきん」という妹がいることはあまり知られていません。
冬の日、白ずきんちゃんは、おばあさんが風邪を引いたというので、いま話題の白いイチゴを持ってお見舞いへ行くことにしました。
おばあさんの家に到着した白ずきんちゃんが中に入ってみると、おばあさんは布団をかぶって寝込んでいました。
白ずきんちゃんが心配そうに近づくと、急におばあさんの全身に毛が生えてきてオオカミ女に変身したと思った刹那、白ずきんちゃんを一口で飲み込んでしまいました。
満腹になったオオカミ女がぐっすり眠っていると、丸飲みにされた白ずきんちゃんがオオカミ女のお腹の中で、白く冷たい息を吹きかけ、オオカミ女を凍らせました。そして、オオカミ女のお腹の中から先に飲み込まれていたおばあさんとともに白ずきんちゃんが元気よく外へ飛び出してきました。
実は、白ずきんちゃんは雪ん子だったのです。めでたしめでたし。
ファンタジー
公開:20/01/25 06:33
グリム童話 赤ずきん 白ずきん おばあさん 風邪 白いイチゴ オオカミ女 雪ん子

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容