わたってはいけない

18
15

「ボク、だめよ!」
小さな男の子は腕を掴まれてきょとんとした。
「この歩道橋はだめよ。向こうの横断歩道を渡りなさい」
男の子はにこりと笑った。
「平気だよ」
と言うが早いか、階段を駆け上っていった。近くにいた人はみな息を呑んだ。

―以前この歩道橋で、育児に疲れた母親が我が子を投げ落とす痛ましい事件があった。それ以来、この歩道橋を渡ると三日以内に亡くなる人が続出したため『呪いの歩道橋』と呼ばれ、誰も渡らなくなったのだ。
だが、その後も男の子は元気なままだった。どうやら呪いはとけたらしいと聞き、お調子者の男がふざけて歩道橋を渡ったが、またもや翌日に交通事故で亡くなった。

謎と不安が深まるなか、今日も男の子が歩道橋に現れた。ぴたりと足を止める周りの人々にも構わず渡っていく。
「ママ…」
「あの子どうして…絶対渡っちゃだめよ」
女の子は母親を見上げた。
「うん…でもあの男の子…影がなかったね」
ホラー
公開:20/01/21 19:28
更新:20/01/21 19:41
勝手にホラー修行週間 目標4作品 これで2作目

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容