通告

4
6

 ある日突然頭上に現れた巨大な円盤が、じわじわと降下してくるのをどうすることもできないまま、人々が狭い地上を右往左往している頃、地球の周りに浮かぶ人工衛星たちは、地球にゆっくりと巨大な半額シールが貼られていく様子を、笑いを堪えながら撮影し続けていた。
SF
公開:20/01/20 22:36

六井象

note( https://note.com/tomokotomariko )その他でも短い読み物を書いています。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容