誘拐

2
4

 案の定、両親も警察も、私の救出を諦めた。
 私を連れ去った誘拐犯はそのことを知らされると、心底つまらなそうな顔で私を眺め、ゆっくりと指を動かし始めた。
 もう逃げる気力もない。
 気力があったとしてもどのみち私は動けない。
 私の足首は既に、誘拐犯の掌の皺深くまで埋まってしまっている。
 私のため息とともに、誘拐犯はゆっくりと拳を閉じた。
その他
公開:20/01/17 18:48

六井象

note( https://note.com/tomokotomariko )その他でも短い読み物を書いています。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容