4
6

「ねえ、ママの羽、どこにあるの?」

幼い頃、そんなことを尋ねたのをふと思い出した。なぜそんなことを聞いたのか。それは、常々、父がこう言うのを聞いていたからだ。

「りさはかわいい。僕の天使だ」

天使なら羽があるはずだ。それが疑問だったわたしはそう聞いたのだった。

その時、母は家でベッドにいて、わたしの頬を優しくなでながら微笑んで、こう答えたのをおぼえている。

「それはね、ここであなたやあなたのパパといっしょに生活するために取ってしまったからなのよ」

それから15年以上が過ぎ、わたしも天使の存在など信じないおとなになっていた。

不治の病で病院のベッドに横たわる母は相変わらず美しかったが、それが逆に儚げな印象を与えていた。

父に手を握られた母が「さよなら」とつぶやいた瞬間、心電計のモニターがフラットになり、ベッドから浮きあがった母の背中には、大きな白いつばさが生えていた。
ファンタジー
公開:20/01/15 07:00
257 「つばさの行方」に応募したもの

武蔵の国のオオカミ( ツイッター、ここ、note、エブリスタ )

武蔵の国の辺境に棲息する“ひとでなし”のオオカミです。
古い作品でもどんどんコメントをください。批判的内容、誤字の指摘、間違いの訂正など、忌憚ないご意見をお待ちしてます(罵倒、罵詈雑言は勘弁な!)。
特定の作品に関してではなくても何かありましたら下記、
【掲示板がわり】
https://short-short.garden/S-uCTeiD
までどうぞ。

ツイッター
https://mobile.twitter.com/ookami1910
DM代わり
https://marshmallow-qa.com/ookami1910
「作品一覧」で「オオカミの自信作」で検索した結果にコメントあると絶頂します(笑)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容