だれもいない部屋

1
3

 静かな昼下がり。
 男がそっとのぞくと、キッチンではひとりの女がうたた寝をしていた。額にかかる髪に男が手をのばしたとき、物音がした。男は振り返る。奥の部屋からだ。
 廊下の奥の部屋には机や本棚があり、窓から花曇りの淡い光がさしこんでいる。だれもいない。
 いや、片隅にベビーベッドがあった。
 男がのぞきこむと、赤ん坊は目を見開いてまっすぐに男を見かえした。男は驚き、うろたえ、やがて赤ん坊へと手をのばした。赤ん坊はむじゃきにその手を求めている。
 だがその期待にはこたえられない。
 男には声も肉体もない。こうして見つめることしかできない。
 ーー君にあうために急いだあの夜のハイウェイ。雪さえ降っていなければ。
 やがて彼女が目をさまし、この部屋にくる。君をそっと抱きあげるだろう。窓をしめようとして、やっと気づくだろう。
 窓からすべりこんだうす桃色の花びら。
 これしか、できない。
 
 
ファンタジー
公開:20/01/14 20:35
更新:20/01/14 20:36

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容