思い出のミネストローネ

6
7

付き合い始めて一年半。
私たちは、いつもの部屋で静かに別れを選んだ。

言い出しっぺは、私。彼を嫌いになった訳じゃない。

彼は幸せ?私のことどう思ってる?
その独りよがりな不安が、積もり積もって心の中で破裂した。

別れを切り出して、引き止めてもらえなかったらそこで終わりー
そして、あっけなく終わりがやってきた。

別れた後、どうやって家に帰ったのかも分からない。人目も気にせずわんわん泣いた。本当にこれで良かったのかな。

二人で見た映画を、何度もくり返し見た。そこに出てくるミネストローネを見よう見まねでよく作ったなぁ。

出来ることなら時間を戻したい。
もう一度二人の時間に寄り添いたい。

そんなふうに思っていたから、あの日の着信は、心臓が飛び出るほど驚いた。スマホの画面に彼の名前。

「できれば会いたい」

私は、涙をこらえて精一杯の笑顔で答えた。

「あのね、私もそう思ってたよ」
恋愛
公開:20/01/14 16:29

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容