密室殺人/消えた指紋の謎 告白(完)

16
6

男の妻はうなだれた。
「もう隠しても意味がありません、ね」
彼女は目に涙を浮かべ、語り出した。
「貧しい母子家庭だった私は、この子を育てるために、再婚の申し出を受けました。でも、私の前夫を殺したのはこの男だと、私は偶然にも知ってしまったのです。私はそんな男と結婚してしまった己の愚かさを呪いました」
「それが殺害の動機ですか」
女刑事の冷たい声に、妻は小さく頷いた。
「はい……」
彼女は涙を流し、そっと犬と一緒に息子を抱き寄せる。
「全部知っていたのね。パパを殺害するために、ママがずっと犬の訓練をしていたことを……」
母に問われても男の子は静かに黙っていた。
何も答えず、ただ唇を噛みながら、母を見つめ返している。
「ごめんなさい……。本当に、ごめんなさい……」
母は幼い我が子にすがるようにして、泣き崩れた。


消えた指紋の謎/END
ミステリー・推理
公開:20/01/11 13:02
密室殺人 指紋 女刑事

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容