別れのbreakfast

33
16

ねえ、どういうこと?私のことが嫌いになったの?
「…そうじゃないよ」
じゃあ、何なのよ。あんなに喜んでたのに、もう飽きたってこと?
「…いや…」
私だってマンネリ化しないよう、いろいろ工夫してるのに。
「…うん…でも…」
何よ。はっきり言いなさいよ。
「…何かこう…重いっていうか…」
重い!?そんなの酷いじゃない!ちょっと待ちなさいよ!待ちなさ…!

俺は素早く扉を閉めた。
…ごめんな。勝手な言い分なのは判ってる。でも駄目なんだ。確かに最初は特別感もあって新鮮なんだけど、ずっと続くと重く感じてくるんだよ。

俺は戸棚から慣れ親しんだ食パンを取り出してトースターに放り込むと、スイッチを押した。芳ばしくも懐かしい香りが部屋中に漂う。キツネ色に焦げたパンの表面にバターをたっぷり。さくっとひとくち。
…うま…。

俺はさっき餅をしまった冷凍庫をちらりと見やった。
―よし、今夜はカレーで決まりだな。
その他
公開:20/01/03 21:00
更新:21/08/26 10:58
お餅は大好きなんだけど そろそろバタートーストが恋しい

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容