百花繚乱

24
14

毎週新聞に掲載される掌編小説を読むたびに、私はため息をつく。

書いてみたい…でも私には無理。

故あって長く失意の底をたゆたっていた私は、自ら物語を創り出すことなど、とうの昔に忘れ果てていた。

だがその日は違った。
頭の中で強い声が響く。

誰が、無理だと言った。
誰が、書けないと決めたのだ。
誰が…!

そして気づく。
誰も決めてなどいない。無理だと決めているのは、自分じゃないか…!
—ためらいつつも、私は一歩を踏み出した。

創作の扉に鍵はない。
誰でも自由に開くことができる。
ありえないことが平然と、かつ楽しげに起きる世界。物珍しげに彷徨ううちに、私はこの庭に辿り着く。

艶やかな大輪の薔薇。
咲き乱れる可憐な野の花。
枝茂らせる常緑の樹々。

ようこそ、ようこそ我が庭へ。
あちこちから飛び交う声を聞きながら切に願う。手招き溢れるこの庭々が、来たる年もまた見事に咲き誇らんことを。
その他
公開:19/12/31 18:40
2019年書き納め たくさんの庭主様に感謝 よいお年をお迎え下さい

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容