誕生日のコンプライアンス

2
3

 ひとを喜ばせるのは、難しい。そんなAが、宇宙産業の社長に就任した。
 Aには、懐に温めていた夢があった。社員一人一人の誕生日にサプライズを贈るのだ。
 まず、受付嬢の誕生日に、高級旅館はしご旅を贈った。受付嬢は、受付係の行き届いた接客を受ける気もちよさを楽しんだ。
 次に、営業の誕生日に、買い物し放題の権利を贈った。営業は、好きなものを、店員に売り込まれる気もちよさを楽しんだ。
 サプライズは、社員達の運命を変え、自分の仕事に誇りを持つ人に変身させた。
 そこへ突然、コンプライアンスという名のケチがつく。
「社長がしているのは、運命ハラスメントです。やめて下さい」
 Aは、夢を諦めなくてはならなくなった。その代わり、趣味で新しい宇宙の工作を始めた。二〇二三年には、夢を邪魔されない、新しい宇宙が生まれる予定だ。

 二〇二六年、この話は教科書で、ドリーム童話と呼ばれている予定だ。
公開:19/12/31 11:36
スクー ビッグバン予定表

久保田 人月

ショートショートガーデン二年生です。よろしくお願いします。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容