満願成就

32
20

ある日の夜、笑顔で帰ってきた夫が包みを差し出した。
「いいもの買ってきた」
一丁前にクリスマスラッピングされたブツを開ける。
「…なにコレ」
「開運貯金箱だよ」
見ればわかる!
「ウチは毎日100円玉貯金するだろ?いつまでも空き缶に入れるのもと思ってさ」
下らない。何でも一緒やん。

ところが翌日から運勢が一変した。
大きな仕事が決まる。
商店街の抽選が当たる。
限定品のラスト一個を手に入れる。
「すごいね、コレ」
思わぬご利益に、二人で喜んだ。

ある朝、私はいつもどおり家を出た。
「あっ!」
ながらスマホの車が交差点に突っ込んできた。衝突音、悲鳴、サイレンの音…。そして全てが消えた。

せっかく運が向いてきたのに、あなた一人残して先に逝くなんて。魂になった私は愛しい夫の元へ向かった。
夫は私の写真をじっと見つめている。
ああ、あなた…!
「すごいご利益だなあ。これで晴れて自由の身だよ」
その他
公開:19/12/20 00:34
更新:19/12/20 22:03
今年のクリスマスプレゼント これまでの空き缶、お疲れ様 ワタシは無事に生き延びる

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容