古い戯曲的なもの

8
7

傷ついた老兵が舞台の上手に現れ、光が当てられる。

老兵:
恐ろしや、あな、恐ろしや
東の空が白けてきおった
夜気に濡れた草葉が、蜘蛛の巣が、目覚めの光に縁取られていくぞ

舞台全体が照らされる。
老兵は中央に移動する。
そこに少年が横たわっている。

老兵:
ライオスよ
誰もが無知のもとに生まれてくる
目覚める前は瞼を閉じ、呼吸をするのがせいぜい
されど、光はお前を導くじゃろう
見よ。朝の光に鞭打たれ、夜の軍勢が引き揚げていくぞ
おお、お前はまだ夢のはざま

老兵は少年の頭を愛しそうに撫でる。

老兵:
恐ろしいか、ライオスよ
じゃが、幻はもうお前にはいらぬ
夢のぬくもりは冷たくなっていくばかり
岩間を伝うせせらぎが
羊歯の陰を走る鼠の足音が
蒼鷺の羽根が風を切る音が
塔門の開く軋みが
お前の耳に忍び寄る……

演奏が始まる。
鐘の音に驚き、老兵は舞台を去る。
少年は静かに身を起こす。
ファンタジー
公開:19/12/16 09:42
老兵 少年 戯曲

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしたいと思っています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

現在、小説塾の第三回課題作品を公開中!



タイトル『分解』 (原稿用紙20枚)
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17923
数学に熱中する青年が、異性への恋心に気づくまでの心模様を描いた作品です。

感想など頂けたら嬉しいです!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容