ある幼き日に

2
6

僕が幼かった、ある日。
近所の友達のひとりが突然、姿を見せなくなった。

「どうして遊べなくなったの?」--母に尋ねても答えてくれない。
いや、どうにか説明しようとしたのだろう。
でも、僕にはまだ難しくて理解できなかった。

母は、同じ社宅に住む人たちと立ち話をするのが好きだった。
その側にはいつも、手を取って立っている僕。することが何もない。
大人の話を黙って聞いて、意味の分かる言葉だけを拾っていた。

「あの家のお子さん、お気の毒に」
「不注意だったのね。よりによって、頭なんて」
「ご主人が庭で振ったときに、ねえ」
「そのあと、川に投げ捨てたんですってね」
「ゴルフのクラブを、全部」

ゴルフのクラブとはどのような物なのか、小学生になってから僕はようやく知る。
そのとき、すべて理解した。その子がどうして、ある日を境に姿を消したのか。

もう僕は、その子の名前を思い出せなくなっていた…。
その他
公開:19/09/21 22:12
更新:19/10/26 23:30

白ねこのため息( あちらこちらにいます )



2019年9月14日から参加いたしました。
しみじみとした後味や不思議な余韻が残る作品を目指しています。
どうぞ宜しく…。
ちなみに、写真は一部を除き、全て自分で撮影したものです。併せてお楽しみ下さい。

【お気軽に各作品の黄色い★をポチって頂けましたら嬉しいです】
☆ブログも更新中。「カツブロ  白ねこのため息」で検索〜‼︎☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(作品やコメントによっては、文字数を出来るだけ節約するために、
改行前などの「。」を省略する場合があります。何卒ご了承下さい)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容