瑠璃蜂(るりばち)

12
9

表庭で咲き盛りの唐藍(からあい)を手入れしていると、手袋を掠めて、ハバチが一匹花へ止まった。
ファベルジェのエナメルの様な、艶と金属光沢を帯びた藍瑠璃(あいるり)。ブローチにでもしたい出来栄えだった。刺さない事は知っているので、場所を譲り、隣の風蝶草をかまう。呉藍(くれあい)色の唐藍と、藍瑠璃の蜂は、逢瀬を愉しむ風にひとしきり寄り添い、やがて蜂は、煙硝子の翅を広げて発って行った。

ルリチュウレンジ。漢字を当てると、瑠璃鐫花娘子蜂。いかめしくも映り、嫋やかにも思える。
風に袖を振って見送る唐藍は今、黒い種と、色の知れない卵を抱いているのだろうか?それとも、蜂はただ気紛れに訪れただけなのか。花陰を探りたい欲望としばし戦う。
唐藍が雪に埋もれる遥か前に、蜂は命を終えるだろう。けれど、もしも呉藍から藍瑠璃が一斉に羽ばたいたなら、どんなに素晴らしいだろうと思い、来年まで刈り込みはしない事に決めた。
ファンタジー
公開:19/09/15 21:51
更新:19/09/16 20:02
唐藍(からあい):ケイトウ 呉藍(くれあい・くれない) ピーター・カール・ファベルジェ 追記。もしかしたら、この蜂は 青蜂(せいぼう)の一種かも。 名前違ったらすみません……。

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。

小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍(電子/紙)を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち☆

ショートショート・アソート
Ver.0~街角のキセキ(※無料お試し版)
Ver.1~フラワリング・ライフ
Ver.2~机上ファンタジア

詩集
君に伝えたかったんだ。

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容