月曜日の彼女

2
5

「それじゃ、また来週♪」

と言ったはいいものの、どうしようかな。最近どうも気が乗らないんだよね。こっちは義務でやってるわけだけれど、なんかあちこちで陰口叩かれて、ちょっとテンション下がってる。「あんなやつ、こなきゃいいのに」とかひどくない?

このまま消えてしまいたいなあって思うこともあるし、そんなに嫌われてるなら、なんだか行きたくないし、ホント、どうしようかな。それでも、わたしがやらなくちゃ他に代わりもいないし、やっぱりやるしかないよね。

そして、日曜日が終わろうとしていた。

「おはよ、月曜日が来たよ♪」

彼女はにっこり微笑んで精一杯のアピールをしてみた。
ファンタジー
公開:19/09/11 11:09
更新:19/11/26 19:15
オオカミの自信作

武蔵の国のオオカミ( ツイッター、ここ、note、エブリスタ )

武蔵の国の辺境に棲息する“ひとでなし”のオオカミです。
何か反応があるとうれしいので、古い作品でもどんどんコメントをください。批判的内容、誤字の指摘、間違いの訂正など、忌憚ないご意見をお待ちしてます(罵倒、罵詈雑言は勘弁な!)。
特定の作品に関してではなくても何かありましたら下記まで。
https://short-short.garden/S-uCTeiD
ツイッター
https://mobile.twitter.com/ookami1910
DM代わり
https://marshmallow-qa.com/ookami1910
「作品一覧」で「オオカミの自信作」で検索した結果にコメントあると絶頂します(笑)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容